忍者ブログ
マルチーズのマミと過ごす日々を、ゆったりと綴っていきたいと思います。
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は朝から強い風と雨・・・。

雪融けがまた進みそうです。

こんな日はうちの中でじ~~っと固まるマミ嬢。

IMGP7459.JPG

相変わらず、踊りながら寝てます(*^m^*) 

IMGP7466.JPG

なぜ右手が「ハイ!」状態になってるのか・・・理解できません(^o^;


bera_01-2.jpg

閑話休題。

「春愁」という言葉、ご存知ですか?

この言葉に出会ったのは、高校の国語の時間だったと記憶しています。

「秋の愁い」というなら分かるのですが、

「春の愁い」ということが、子どもの頃は理解できませんでしたね~。

でも、この「春愁」という言葉を知ってから、

春になると毎年のように「これが春愁かな~。」などど思ったりしています。

調べるまで知らなかったのですが、「春愁」って季語なんですね~!

「 次々に花が咲き乱れる色とりどりの錦絵のような景色の中、

ものみな全てが春を 謳歌しているような時、

何故か人間だけは思い沈むことがあるようです。

具体的な 悩みがあるわけでもないのですが、

何かしら心が晴れず、鬱々としてしまうような 心持ちになります。  」   

「 彼岸の頃から次々に捲り来る春の享楽を感受してきた

疲れが出る頃なのかも しれません。

また、学業でも仕事でも新しい年度に入ります。

好む好まざるに 関わらず新しい物事、新たに出会う人々、

それは新鮮で楽しい反面、

知らず知らず 疲れを溜めるものなのでしょうか。

また、新しく始まることが多いということは その分だけ、別れる人や

手を離す事柄も多いということですね。

忙しさに取り紛れそうになりつつも、ふと去年の今頃は、、、と思い返しがちになるのも

今頃が 多いのかもしれません。 」

ネットで調べていて、こういう記述を見つけました。

これを読んで、得心がいきましたね~。

学生時代に感じていた「春愁」って、これなんだ~とね!

大人になっても、春というのは身の回りでいろんな変化が起こる時期であり、

落ち着いた頃に、ふと気持ちが沈んでいたりする自分に気がついたりして。

そろそろ、「春愁」の季節です・・・。

考えてみると、今の私の春愁は、

冬の間に溜め込んだ「愁い」なのかもしれません。

明るい春の陽差しを浴びて、草花が咲きだす頃になると、

そんな愁いもどこへともなく消えていくんですけどね~(*^^*) 


IMGP7478.JPG

「おやつくだしゃい!」

IMGP7477.JPG

「母だけ何食べてるでしゅか?」

ま、こんなマミ嬢と過ごす日々に、いちいち愁えてなんかいられないんですけどね~♪














PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お天気情報
フリーエリア

カウンター
プロフィール
HN:
マミ母
性別:
女性
職業:
まったり主婦
趣味:
マミとの散歩
自己紹介:
お天気が良い日は、デジタル一眼をぶら下げて、マルチーズのマミと散歩に励んでいる「怪しいおばさん」です(*^m^*)

母へのメールは、こちらへ♪
mamitohaha@yahoo.co.jp
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]